電子タバコでやる禁煙

電子タバコに関するWHOの報道がありました。 電子タバコは禁煙の補助具として有用であり、今後は安全に使用できることを証明することで安心して利用できるように環境を整える必要を感じます。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「HECを知って電子タバコを論じるなかれ」

どうして粗悪品を承知で業者は取り扱うのであろうか!
 買う人がいるからか、それとも知らないからか?


安いのがセールスポイントの「HEC、Health e-cigarette」だが安いだけのことはあることを承知で買っているひとも多いようなのであえて取り上げてみたい。私が知る限りこの商品は粗悪品でありこれを評価して「電子タバコ」を知ったつもりになるのは無知のなせるところであろうと考える。 こんなものは欧州でも売れていないし、米国でも輸入禁止の対象になったSmoking Everywhereの焼き直しだ。真面目に評価をしたらとても商品としての価値はないのだが、途中で壊れるので深刻な問題には至らないでいるようだ。それは使用者の口の周りに湿疹ができるという米国ルートの報告である。

カートリッジに使用するリキッドはしっかりとした製薬工場が製造しているのが常識であるがHECは安くするために独自で調合していると思われる。十分な知識も設備も無いようなところで調合されたものなどどんなに安くても商品としての価値は無い。 日本でサンプルを市場で調達して実験したところ煙が異常に水っぽいという報告もあった。調合はせずに水をいれたのは製造者の善意のかけらが残っていたと想像する。 水ならば悪影響も無いかもしれない。

この種の製品は大手の製薬会社が大量生産と工場の自動化で品質を安定させているものでありそれは電子タバコのリキッドも同様であり、ごくわずかな工場が利益のために手抜きの製造をしているのであろうと推測する。
日本でも日本製のカートリッジを謳っている販売会社があるが、大量生産の前提になる十分な消費量が無い時点で日本で製造しているならば零細工場での生産以外になく、品質管理なども自動化された製薬工場に比べたら格段に劣るのは明白でもある。簡単に表現をするならば日本製を謳ったカートリッジは危ないから避けたほうが良いと思うのは当をえている。

さて、電子タバコの件であるが、電子タバコの効用は段階を追って禁煙を実現できる道具として利用価値が高いことである。タバコが体に悪いことは主としてタールとこれに含まれる有害科学物質であり、一酸化炭素である。 ニコチン入りの電子タバコを利用することによりストレス無く殆どの害から逃れることが可能だ。数週間利用すると普通のタバコはタールの臭いで気持ちが悪くなり、一方微量のニコチンもあるので電子タバコに違和感も無くなる。ニコチンは1週間もあれば体内から排出されるので頃合をみてニコチン無しのカートリッジかリキッドに変える。変えた後1~2週間ストレスを感じなければフルーツ系のリキッドなどに変えて習慣を変えることがポイントである。
また、電子タバコに変えることで経済的などと言う宣伝もあるが、そのようなこともあろうかとは思うが、究極的に禁煙が実現できればタバコ代はゼロになるのであるから比較は無用であり、むしろ電子タバコも止めるように方向付けをする必要があると考える。

戻るがHECとその類似品(安いものの多く、高いものでもある)はハードの設計でも問題が指摘されている。 例えば、普通はリチウム電池にダイアフラム・スイッチを組み込んで微量の空気の流れを制御していますが、HECは小型コンデンサーマイクを組み込んでスイッチとして代用させている。これが誤動作や異常な電池の消耗の主因なのですが、それは販売する側も余り認識していないようだ。 初期不良で済ませているようですが、これは設計不良だとおもわれる。 小型マイクでは振動や静電気でも反応するからポケットに入れた状態ではスイッチが入ったりヒーターが焼ききれたりする。
また、リキッドカートリッジの中にアルミ箔でリキッドの蒸発を防ぐ目的であろうと思われる保護幕が見受けられる。知っている人はピンセットでこのアルミ箔を全部取り除いて使用しているらしいが、アルミはアルツハイマーの原因物質とも言われ好ましいものではない。

電子が1本しかないから充電中は使用できない、、のも指摘されているがこれは2個購入すれば解決できることなのですが、値段を安くできていることの要因ではある。

さて、以上のような内容からHECが安いから良いと思って買ったひとが、電子タバコはこんなものだと判断するのは早計に過ぎると申し上げたい。売れている数量の割には愛好家がそれ程でもないのは、買った人の多くが投げ出した結果であろうと想像する。
HECの電子タバコをもらった人があとで内容を知ったら憤慨するであろう事も想像する。

スポンサーサイト

禁煙への挑戦

ドロップシッピングをたたいていたら余りにバカバカしく思えて途中で放り投げてしまった。何ヶ月も過ぎ去り師走の寒風に身を預けながら半年前のマスク騒動で一儲けをたくらんで失敗した人々がまた凝り性もなく電子タバコにゆめを預けている。そういう人たちがあらん限りの知恵をしぼって消費者を騙そうと必死にもがいている。まさか、自分が騙されているなどということは夢にも思わない。 カワイソウナ幸せな人たちのように思える。

ぐちを繰り返してもしょうがないので、方向を変えて消費者が役にたつ情報を提供することにしようと思う。ここに某氏の投稿文を掲載し、禁煙へ挑戦する一こまを紹介したい。 




「電子タバコと禁煙への挑戦」
<出会いは健康診断>
私が電子タバコと出会ったきっかけとなったのは、
毎年受けている会社の健康診断の人間ドックで肺のレントゲンにて、
肺全体に白く曇りがかかり、ポリープの影があるとの診断を受け、
自分の肺の状態を調べようとインターネットにてタバコが肺に及ぼす影響を調べている時でした。
様々なサイトを閲覧しているうち、電子タバコという初めて耳にするワードが引っかかり、
電子タバコについて検索を開始しました。

様々な銘柄の電子タバコが発売されている事が分かりましたが、どれもニコチンが入っておらず、
これでは禁煙パイプに毛が生えた程度のおもちゃ程度の物かな?と思っていたところ、
スーパーシガレット社のものだけニコチン入りリキッドが販売されていることが分かり、
ニコチンのみが摂取することができるなら、体に有害なタールや一酸化炭素を摂取することなく、
肺にも優しいと思い購入を決めました。

そもそも15歳の頃には1日10本以上喫煙する習慣が付いていた私にとって、
禁煙は今まで考えたことも無く、それなりの覚悟はあったつもりでしたが、
この年(40)になり家族や今後の事を考えると、まだ終わるわけにはいかないと思い、
タバコから電子タバコへのシフトを計画しました。
キャンペーン期間中で価格も安く、当時1日30本を喫煙していたため、
2~3ヶ月もすれば元が取れ、タバコより安く上がるというもくろみもありました、
しかも喫煙場所を選ばない。
出張メインの仕事に従事している私にとって喫煙場所の減少やJRでの移動は苦痛の何者でもなく、
JRを恨んだ者でした。

商品到着後、初めて口にした電子タバコは、想像を超えた喉越しで
タバコと同様の吸い心地で、これならいける!と確信しました。
しかし、ニコチン含有量1.1mgのタバコを喫煙していた私にはニコチンHIGHリキッドでもニコチン量が足りず、
3週間ぐらいは普通タバコと併用しました。
それでも1日30本から1日2~3本と喫煙量は激減し、1ヵ月過ぎた頃には、
タバコのタールの粘っこさに違和感を感じるようになってきました。
と同時に、喫煙所への移動のめんどくささや、喫煙所の匂いも違和感が出るようになり、
徐々に喫煙所離れが始まりました。
その後、自分のペースだと約3週間~1ヵ月でリキッドボトル30mlを消費すると分かり、
月ごとにニコチン量を落とす計画を立て、2ヶ月目にはニコチンMEDボトルを購入しました。
その頃には、普通タバコへの欲求は殆どなくなっており、完全禁煙に成功しました。
現在電子タバコを購入して早6ヵ月目になりますが、現在はニコチンLOWリキッドを使用しています。
最近注文のタイミングミスで0.1mgのタバコを吸う機会があったのですが、
1本吸い終る頃にはクラッとして体が重くなる、懐かしい症状を感じ、
自分の体が健康状態へ向かっていることを実感しました。
もうすでに体からニコチンは殆ど抜け、残るはニコチン0にし吸引する習慣病を克服するのみです。
ここまでくるとニコチンへの依存より吸引する習慣病克服の壁のほうが高く、
これからも焦らず徐々に吸引の習慣病克服をにチャレンジしていこうと思っております。

最後に、スーパーシガレットをお勧めできる理由として、ニコチン入りリキッドは言うまでもなく、
サポートのすばらしさにあります。対応の早さやアドバイス、担当者が親切に対応してくれます。
おそらくドンキホーテ等での衝動買いでは、使い捨てで終わってしまい禁煙までは至っていなかったと想像します。
私も個人的に知人へ胸を張って紹介しています。紹介した知人への対応も担当者様には親切に対応いただいております。
これから禁煙へチャレンジしようとしている皆様、スーパーシガレットは質もサポートも一味違います。
共に健康維持へ向かって頑張りましょう。 《長野県、S.Y.氏、2009年12月5日投稿》



禁煙にチャレンジしてみたい方は是非下記Webサイトにある「禁煙チャレンジプログラム」を読んで知識を深めて自らも挑んでみてください。

URL: http://www.tobaccoreplacer.com/




 



Top

HOME

ヤップンヤン

Author:ヤップンヤン
男性、50代、元愛煙家
禁煙中、楽しみはワインを飲むこと
海外在住の浦島太郎です。

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。