FC2ブログ

電子タバコでやる禁煙

電子タバコに関するWHOの報道がありました。 電子タバコは禁煙の補助具として有用であり、今後は安全に使用できることを証明することで安心して利用できるように環境を整える必要を感じます。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枝葉末節な禁煙の理由

やりたいことが色々とありましてBlogの更新ができずにおりました。「電子タバコ」に
限定したBlogは題材に行き詰まりやすく掘り下げも容易ではありません。
課題として「愛煙家のための電子タバコ」を書くつもりで「電子パイプ」を購入して雰囲気を試そうとしました。叔父はパイプが趣味でしたから物思いにふけるとき周囲に漂う紫煙に満足そうにしていたのを思い出します。櫻が散る頃に訃報に接し、亡骸でもよいから見たいとおもって駆けつけた記憶が甦ります。

「電子パイプ」は愛煙家には喜ばれるだろうか? そう思いながら又叔父の思い出なども交差してなかなか方向を定めることができなかったのですが、パイプの紫煙が周囲に伝播しないので愛煙家を満足させることはできないだろうと感じました。病気などで訳があってタバコやパイプを手にすることが出来ない人は代用として手持ち無沙汰の解消のために利用することはできるかもしれません。 叔父は「癌」でしたが、生きる望みが限られている時、パイプは無理でも「電子パイプ」は役に立つように思われました。

先月、上坂冬子さんが亡くなられました。ご冥福をお祈りいたします。
産経新聞に遺稿をのこされていました。「枝葉末節な禁煙の理由」と題したこのエッセイ
は愛煙家に元気を与えるかもしれません。

【産経新聞より】

【老いの一喝】ノンフィクション作家・上坂冬子 枝葉末節な禁煙の理由
2009.4.20 04:03
 禁煙の理由を聞いてみると、大抵健康を損なうとか煙が周囲に迷惑がられるだろうとか、ことさら枝葉末節な理由に終始している。どの理由も本人が正々堂々と生きるためにとり立てて害があるように思われない。何となく因縁をつけられているような気がする。
  
 例えば、たばこの税金は直接的な収入になるともいう。ストレートに課税して後腐れがないから、もちろんたばこ税は簡便に違いない。それをまるで本人の健康を思いやっているかのごとく周辺の人々とのイザコザを避けたり、平穏な幸せを優先しているかのごとく言いまくるあたりが、私には気に入らない。ましてや環境保護の一端を担っているかのごときはこじつけといってもいいだろう。

 個人がたばこを遠慮したからといってグローバルな環境が保護されているだなんて。個人の安楽と社会的安穏とを比べれば、私は個人の安楽を優先したい。たばこは2000年も前から人々に愛用され続けてきたと聞いた。そんな話を聞くと、なおさらたばこというのは人々にとってよほど魅力的な嗜好(しこう)品であるということがわかる。私は酒もたばこもやらないが、それをのむな吸うなというのは無理な話に思われる。ましてや周囲に“気兼ねして”禁煙とは。

 個人の健康は個人が守るべき問題だ。はたから「それ言わんこっちゃない。吸いすぎたから肺がんにつながったのだ」などと余計なお世話だ。確たる根拠があるわけではないし、仮に根拠があったとしても本人の自己責任というべきだ。無分別に吸ったりのんだりして、「それみろ」と言われるのは本人としては覚悟の上だろう。それをことさら避けたりすれば、本人が心掛けるべき人生のポイントを外した以外の何物でもない。

それにしても何たることだろう。最近の禁煙席の多いこと。用意された所定の喫煙席に男も女も所狭しとひしめき合い、まるで犯罪者のように小さく身をすくめて吸っている。こんな光景を見ると、近ごろ人間のスケールが小さくなったと言われるのはこのあたりに原因があるのかもしれない、などと変な連想がわく。

 どんどん吸えとは言わない。周囲など無視しろとも言わない。しかし、物には限度がある。1箱1000円にしてはという説がまかり通っているのを見ると、まともな議論はこんなところから崩れていくのではないかと、あらぬ心配までしたくなるというものだ。

 2000年も前から人々が愛用している嗜好品なら、魅力的なものに違いないではないか。そんなに良いものなら喜んで取り入れて死んでいけばいいのだし、愛煙者としてもそれで本望であろう。嗜好品は自由意思である。それが原因で死ぬのがいやなら、本人の決意によってのみ愛用をやめるべきだ。これほど単純明快な話につべこべ理屈をつけるべきではない。

 団地が次々に建設されたばかりのころ、日本の高度成長を支えた企業戦士たちが家に帰り、ベランダで“ホタル族”などと呼ばれて控えめにたばこを吸っていた様子は哀れでもあった。男の地位が下がったのはこれ以来かもしれない。妻たちともめるときにこそ、しっかりもめてけじめをつけておかないと、今後ますます彼女たちにつけ込まれ肩身の狭い思いを繰り返すことになるかもしれない。
(かみさか ふゆこ) 
                   ◇
 上坂冬子さんは14日、亡くなられました。本稿が遺稿となります。

   合掌

スポンサーサイト

« 「電子タバコ」を食い荒らすドロップシッピングの亡者たち|Top|電子タバコの選び方のポイント www.tobaccoreplacer.com »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tabacoreplacer.blog75.fc2.com/tb.php/17-87a6511d

Top

HOME

ヤップンヤン

Author:ヤップンヤン
男性、50代、元愛煙家
禁煙中、楽しみはワインを飲むこと
海外在住の浦島太郎です。

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。