FC2ブログ

電子タバコでやる禁煙

電子タバコに関するWHOの報道がありました。 電子タバコは禁煙の補助具として有用であり、今後は安全に使用できることを証明することで安心して利用できるように環境を整える必要を感じます。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来のタバコは「電子タバコ」

「未来のタバコ」はクリーンで環境に優しいのが原則だ。
従来のタバコは嗜好品として個人のリスクで愛煙家に親しまれてきましたが、世の中の流れはその状態を容認し続ける方向にはないようです。 ひと昔前までは禁煙を要求されるのは特別な場所であり病院のロビーなどでも灰皿があり、密閉状態の飛行機のなかでも各座席には灰皿が着いておりました。 流れはゆっくりとですが変わりつつあり、この巨大な禁煙の流れを変えることは出来ないであろうと思います。

若い頃は子どもから脱した象徴として大人ぶってタバコを吸い始めたりするものですが、仕事場でも自由に喫煙でき、周りも同じようだと悪い習慣と思うこともなく年月が過ぎてしまいます。気がついたら20年も30年も経っていたというのは珍しいことではありません。 それでもたいした病気でもしなければタバコの害は他人ごとのようにも思われるものです。

タバコ産業は低ニコチンや低タールの新たなタバコの開発をやるよりも、たたき台のある「電子タバコ」の研究をすべきと思われます。少なくとも人体に最も害があるであろうタールと酸欠を引き起こし心臓病の原因ともなる一酸化炭素を取り除くことが出来ただけでも価値があります。ニコチンは薬物依存症の主たる要因で抹消の血管を収縮させ高血圧になったり、脳疾患や心臓障害の原因になることは規承のことです。しかしこれは一酸化炭素がもたらす弊害、ヘモグロビンに酸素より約200倍の効率で一酸化炭素が吸着して、酸素が脳を始めとする器官で欠乏する状態、と区分けがしにくい一面もあります。

加えて、副流縁が無いことは病気のリスクをとって喫煙する愛煙家は仕方ないとしても大変なメリットがあります。 タールが燃焼するときにでる煙が癌の危険因子の化学物質を含んでおりますが「電子タバコ」はこれもありません。
従来のタバコは燃焼させて煙を吸い込むことでニコチンを取り入れるのですが、この燃焼させることが有害な物質を生み出すことにもなっています。 「電子タバコ」は100~130度の熱で気化させて吸い込むので極めて安全です。 

WHOやタバコ産業の組織と資金量があれば、ニコチンのカートリッジの成分の見極めや改善点を特定することは容易な事と思います。高々原料が数種類しかなく、気化工程で100~130度ほどしかないのですから、もうすでに検証はすんでいるのかも知れません。

WHOの発表は食の安全や中国製品の品質課題を踏まえ、これをうまく利用して、何でも中国製は危ないという印象をやんわりと含ませているようにも思います。 税収確保も重要な根拠があると感じますが、日本のタバコ業界はタバコの増税は反対の立場です。値段が上がれば当然やめる人や節煙する人は出てくるでしょうから、売り上げや利益を維持するのは大変は企業努力が要ります。しかし、これも環境や国民の健康などを考慮した行為ではないと断じたいと思います。 個人的な見解の域はでませんが、タバコ増税があればやめようとする人は沢山でるでしょうし、禁煙を目指すひとが「電子タバコ」を求めたとしても誤りではありません。たとえ成功できなくとも環境にやさしく、周囲にも迷惑がかからない状態になり自らの健康リスクも低減できます。

「電子タバコ」は将来のタバコのひとつの原型となると思います。
スポンサーサイト

« タバコリプレイサー|Top|電子タバコの利用方法についてのアイデア »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tabacoreplacer.blog75.fc2.com/tb.php/7-d295636a

Top

HOME

ヤップンヤン

Author:ヤップンヤン
男性、50代、元愛煙家
禁煙中、楽しみはワインを飲むこと
海外在住の浦島太郎です。

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。