電子タバコでやる禁煙

電子タバコに関するWHOの報道がありました。 電子タバコは禁煙の補助具として有用であり、今後は安全に使用できることを証明することで安心して利用できるように環境を整える必要を感じます。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知症患者に安全な「電子タバコ」を!

最近は私も若年認知症の部類に入りつつあるのではないかと思うことがあります。 昔なら腹に含んでこらえれたことが我慢が出来ずに口に出てしまうことがあります。私は1年数ヶ月前に脳卒中で倒れて半身が麻痺してしまいました。 リハビリの効果もあり歩行はびっこをひきながらですが、できるようになりました。 左手はまだ自由に動かすことは出来ませんが毎日事務所に出かけて軽度の仕事をしたり、インターネットで調べ物をしたり、ブログの投稿をしたりしております。 時折、小さなことでも子どものように嬉しく思うこともあれば、意見を無視されたりするととたんに説教をしたくなったりするのです。 

さて、日本では同病の先輩が沢山おるようですが、気になるのは認知症の愛煙家です。タバコを取り上げると機嫌を損ねることもあるでしょうし、放置をしておくとタバコをどこに置いたか記憶もなくなります。寝タバコも危険で焼けどをすることもありますし、何よりも火事の原因になります。

このような認知症患者にも「電子タバコ」は有用と思われます。タバコを取り上げるのではなく、火も灰皿も必要なく、1~2回使用して、続きをいつでも吸うことの出来て、便利で安全です。 置き忘れても心配要りませんし、何よりも経済的でもあります。
認知症患者は監視をされていると思い込むと隠れて行動しようとする気配も見受けられます。 タバコを隠れて吸われたら家族の心配は増大します。

思いやりも含めて、「電子タバコ」をプレゼントすることで幸福感を分かち合うことができそうな気が致します。

電子タバコはこちらにもあります。 

http://www.tobaccoreplacer.com

スポンサーサイト

« 本物のタバコを一日5本、後は「電子タバコ」で代用すればよい。|Top|タバコリプレイサー »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tabacoreplacer.blog75.fc2.com/tb.php/9-7d7fbdc2

Top

HOME

ヤップンヤン

Author:ヤップンヤン
男性、50代、元愛煙家
禁煙中、楽しみはワインを飲むこと
海外在住の浦島太郎です。

この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。